환경과 미래를 생각하며 건강한 물을 만들도록 노력하겠습니다.


현재 위치

Home > 文化 > 文化空間 > 文化通り

文化通り

南江文化街

南江文化街

伝統ある晋州の歴史・文化・芸術と独特の文化的個性を生かし全国で初めて都心の中の文化・休憩スペースとして示範文化芸術街に指定・造成された。

1992年から2002年まで1段階(文化芸術街)、2段階(歴史街)に分けて造成した南江文化街は10年間の大工事により晋陽橋-文化芸術会館-晋州橋-天寿橋に達する七岩、望京地区南江流域(74,546㎡、2.9km)の竹林を復元し、野外公演場、記念碑、造形物、休憩スペース、晋州城、南江展望台、千年広場、中央広場などの文化空間を造成して文化芸術都市としての姿を一新させている。

都市の中心部を流れる南江の優れる自然環境と情趣、南江と晋州城、ティビョリ(崖沿い)の絶景を背景に多彩な文化芸術行事が行われ、芸術公演に接する機会を提供し、生々しい歴史の教育を行い、市民に寛げる休憩スペースを提供する晋州の名所として注目されており、都心の中の文化休憩スペースとして定着しつつある

仁寺洞骨董品街

仁寺洞骨董品街

晋州城付近の仁寺洞骨董品街が名実ともに韓国の民俗品を含む文化財などの取引所として、また見所が多い晋州の観光名所として注目されている。2000年6月に政府が指定した「新千年街」でもある。 晋州市南城洞、仁寺洞一帯に蝟集している骨董品店は21ヶ所に達し、晋州市内の古美術品屋のほとんどがこの町に群がっている。晋州城北将台の下の道路に沿い、600m程に長く軒を並べて営む骨董品街は10余年前から形成され始め、今日この業界では全国に知られている。取引される品目は古文書、書籍、書画、拓本類、民俗資料、その他の文化財、陶器、彫刻品、工芸品、石造など様々である。

仁寺洞骨董品街