환경과 미래를 생각하며 건강한 물을 만들도록 노력하겠습니다.


クムホ(琴湖)池

クムホ(琴湖)池

クムサン村役場から約400m離れたクムサン面ヨンア(龍牙)里1102-1番地に所在するクムホ池は、全区域面積204,937m²の大きな貯水池である。このクムホ池の伝説には、興味深いものがある。

その昔、黄竜と青竜(あるいは黒竜)が天上で激しく喧嘩をしていた。これを目撃したある勇士が、「喧嘩を止めろ!」と叫び、これに驚いた青竜が下を見た瞬間、黄竜が青竜の首を短刀で刺した。青竜が地に落ちた時に尻尾がはね、それによって突如一つの大きな池ができたという。

これが今日のクムホ池で、クムホ池は青竜に似て常に水が青く澄んでいるという。
また人が死んであの世に行くと、「クムホ池を見たのか?」と聞く。「まだ、見ていない。」というと、怠け者だとして罰を与えるという逸話があるほど、あの世でも有名な池とされていることから、竜が棲むという伝説は当然のことかもしれない。

クムホ池の周囲は5kmで、屈曲が大きいため一目で池全体を見渡すことはできない。いつ作られたかは不明だが、新羅時代に自然に作られたものと推定されている。平均水深5.5m、250haと蒙利面積が大きいため、人々は池があまりにも深く絹の籠が3つも入っているという伝説を語り伝えている。一方、伝説のようにその周りには欝蒼と繁った松林が、素晴らしい景観だけでなく、豊かな魚資源から釣り場としても有名で、常に観光客で賑わい活気にあふれている。

  • 所在地:クムサン面ヨンア理1102-1番地
  • 入場料:無料
  • 案内:文化観光課(055-749-2055) / クムサン村役場(055-749-2620)
  • 交通:市内バス50番、72-2番、188番、333番