沿革

晋州

晋州は南部地域の中核都市である。昔から民族文化・精神の発祥地と言われるほど千年古都の歴史を重んじ、忠節と教育・文化・芸術の里として知られている。伽耶時代には古寧伽耶の古都であり、三国時代には百済の居烈城であり、統一新羅時代には居烈州、菁州、康州と改称、高麗太祖23年(940年)に初めて晋州と改称され、成宗2年(983年)に全国12牧の一つである晋州牧となった。朝鮮高宗33年(1896年)に全国を13道に改編するにしたがって晋州は慶尚南道の道庁所在地となり、観察使が常駐、慶尚南道行政の中心地となった。1925年4月1日に慶尚南道の道庁を釜山に移転、1949年8月15日には大韓民国政府の樹立とともに地方自治制が施行され、晋州府は晋州市に昇格して市長をおくようになった。そして、1995年1月1日に都農複合形態の市設置などに関する法律により晋州市と晋陽郡を統合し、新たな晋州市と変貌して現在に至る。